流量測定

現場出張による流量測定

流量測定

 現場出張による流量測定~配管に接続して計測します。

 超音波流量計を使用した液体流量測定を行っております。
 当社技術者が流量計持参でご指定先現場まで出張致します。

 ※気体流量測定・温度流量測定に関しましては取り扱っておりません。

 現場出張による流量測定のメリットについて

 配管の切断・施設営業停止をする必要がありません。通常営業時間内での測定作業となります。

 専門技術を要する且つ面倒な使用機器の選定・測定箇所の選定を専門技術者が行います。
 お客様の作業負担が軽減されます。

【こんな場合にご活用ください。】

 1.現場出張による流量測定を行う業者を探さねばならなくなった場合
   いままで流量測定作業を行ったことのない社内担当者様におすすめです。

 メーカーだと計器校正のみの場合がほとんどです。
 測定を行ってもらえるか不明な場合もあります。

 かといって自力でレンタルして流量測定を・・・といって、測定した場合でも、
 誤ったデータ採取(マニュアル通りに行っても、数値がおかしい場合も多々あります。)
 を行ってしまったケースもあります。
 専門技術者でないと適切な測定箇所を選定することは困難です。

 当社では、専門技術者が適切な流量計持参でお伺いします。
 専門知識と経験則から適切な測定箇所を選定し、測定作業を行います。

 2.既存ライン縮小・変更目安データとしての流量測定を行いたい場合。
   施設の使用状況が目に見える結果として把握できます。思ったよりも使用していなかった!とか、
   意外と使用しているが原因は何か?といった判断材料となります。

 3.重大故障の前のチェックとして流量測定を行う場合。
   配管の流量が故障等により著しい増減が生じる場合があります。重大事故前の予防としてご活用ください。


 使用機器・測定対象について

 測定対象となる液体・使用状況により使用する流量計が異なります。
 必ず測定対象・配管等をお知らせください。事前の打ち合わせを必ず行います。

使用機器 測定対象
超音波時差式流量計 純水、薬液等。不純物等が少ない液体を主な対象とする。
超音波ドップラー式流量計 廃水、気泡が多い液体、泥水等。不純物が多いものを対象。

 上記の記載に関しましてはあくまでも一例です。実際の使用状況等をヒアリングすることにより、使用する流量計を選定致します。


測定作業の流れ【依頼から実際の作業例まで】

○○○○○○○○イメージ

 1.測定対象の液体、配管(材質・口径等)について、メールでお知らせください。

 メール pfs@ksj.biglobe.ne.jp 【平日営業日3日以内に返答致します。】

 2.メールにて見積を送付させていただきます。FAXをご希望の場合は別途ご用命ください。

 3.打ち合わせにて日時・場所を確認します。

 4.当日、技術者が機材を持ってお伺いします。※流量測定の性質上、施設営業時間内のみの作業となります。

  上記画像はドップラー式流量計を配管に器具を使って接続し、計測している様子です。

 5.場所の選定・測定作業の実施。※状況によっては測定が不能な場合もございます。
  (過去に施設配管老朽化が著しく激しいため、測定不可の場合がありました。その場合、交通費等の実費のみご負担いただきます。)

 6.データの送付(メールにて今回の測定結果データを送付致します。)

 7.請求書を送付します。振り込み手数料はお客様負担とさせていただきます。

 

【見積依頼及びお問い合わせについて】まずはお気軽にお問い合わせください。

 メール pfs@ksj.biglobe.ne.jp

 営業日3日以内に返答させていただきます。