PLCトラブル

シーケンサ(PLC)ソフト変更(一部仕様変更・入出力接点の増設)

 既存シーケンサ(PLC)ソフト変更を行っております。

 シーケンサソフト上での変更(もしくは改造)により、ハード(制御盤等)の改造をせずに変更を行うことが可能です。
 ※制御盤の老朽化が著しく激しい場合、ハード自体の改造が必要となる 場合もございます。

 お客様の事業所に合わせたシンプルな設計・施工を心がけております。使用者の目線・使い勝手 を重視した変更を行っております。

 また、現場状況のレイアウト変更に伴うソフト及びハードの双方を変更する付随工事も一括して行っております。
 個別発注よりも管理・コスト面で大幅な削減となります。

 制作したソフトは社内シミュレータで試運転を行い、安全性・機能性を確認した上での現地インストール作業となります。

 【こんな場合にご活用ください!】

  • 新規設備は費用面で困難なので、既存設備の活用がしたい。
  • 既存設備の使い勝手を良くしたい。
  • 生産ライン縮小をしたい。
  • 既存メーカーに問い合わせたら「対応できない」と言われた。
  • 他社への変更(オムロンから三菱へのソフト変更)をしたい。

 【対応事例】:工場などの生産ライン一部変更に伴うソフト変更。

 作業内容:既存ソフトの一部仕様変更。入出力接点の増設。現場の使用状況・
 現場レイアウト変更に伴う変更。制御盤からタッチパネルへの変更。

シーケンサ(PLC)ソフト吸い出し(バックアップ)

 シーケンサ(PLC)ソフトの吸い出しを行っております。

 バックアップを取っておかないと、装置が停止した場合にソフトが消えることが多々あります。 
 再度設計となり、設計費用がかかることとなります。
 また、担当者の変更によりいつの間にかソフト変更されていた、
 当初の仕様と違うので不具合を 生じていた・・・ということもあります。
 10年以上前のソフトや、装置動きが少しおかしい!場合は特に強くおすすめします。

 実際に、吸い出し(バックアップ)して2日後に装置故障した事例があります。
 逆に、バックアップがないためにソフト設計から・・・といった場合もあります。
 定期的なバックアップ・ちょっとおかしいときのバックアップをおすすめします。

 バックアップがあれば、再インストールすれば大丈夫!元に戻ります。

 吸い出したソフトはデータでお渡しします。

 紙での印刷物渡しは基本的に行っておりません。
 印刷物渡しをご要望の場合、別途オプション扱い(有料)となります。

 【ソフト吸い出し(バックアップ)のご依頼方法について】
 専用ソフト、ケーブルを使用します。
 ・ご用命の際にはメーカー名(例:オムロン、三菱)
 ・型式
 ・希望日時を忘れずにお伝えください。
 ※型式が異なると採取できない場合があります。

 シーケンサ関係で一番お問い合わせの多いサービスです。 詳しくはお問い合わせください。

シーケンサ(PLC)トラブル対応・メンテナンス

 シーケンサ(PLC)トラブル対応

 シーケンサ(PLC)トラブル調査

 シーケンサ(PLC)に関する不具合を調査します。
 事前打ち合わせの上で、現地出向による調査を行います。
 社内でシミュレーションによる検証を行い、検証を行います。
 作業内容はお客様ごとに異なります。

  詳しくはお問い合わせください。


 シーケンサ(PLC)メンテナンス

 1回限りの保守メンテナンス/立会試運転作業
 1回限りの保守メンテナンス作業です。
 保守メンテナンス作業に伴う制御機器交換を行います。
 (お客様からの御支給品を歓迎しております。
 ただし、当該メンテナンス箇所に不適切と判断した場合、取り付けをお断りする場合もございます。
 その際、「なぜ使用しないのか」技術的観点から説明を行います。)
 製造中止・廃盤予定機種から、現行機種への変更も可能です。

 立会試運転作業
 シーケンサソフトの立会試運転作業を行います。


 シーケンサ(PLC)トラブル緊急対応

 シーケンサ(PLC)故障について緊急対応を致します。
 なお、現在の状況下において、シーケンサ等制御機器の納期時期が不明となっております。
 交換には納入まで多少のお時間をいただくこととなります。ご了承のほどお願いします。

 【対応例】 シーケンサ(PLC)トラブル対応依頼から試運転まで

 1.まずはご連絡ください。メール pfs@ksj.biglobe.ne.jp
  以下の事項についてお知らせください。

  • 故障したシーケンサの現象(異音がした、エラー表示が止まらない、本来の停止ではなく急に停止した等)
  • メーカー、型式、何の装置に組み込まれているか
  • ここ最近の使用状況

 2.事前調査及びバックアップ
  故障による完全な停止前であれば、バックアップを行います。
  正常にバックアップを行いデータを採取できれば(データが採取できない場合もあります。)
  損失を最小限に食い止めることが可能です。
  ※データ採取できない場合、新規ソフト設計となります。

  現地作業員の方からヒアリングを行います。

 3.ソフトの社内調査及びシミュレーションによる検証
  採取したソフトを社内で検証します。
  実際の採取ソフトと初期ソフトにおける相違の有無を確認・照合。
  社内シミュレータで試運転を行い、実際の現象について簡易的な検証します。

 4.調査後の概算見積作成・弊社への発注有無についての確認
  概算見積を発行します。ソフト・ハードの双方から修繕に必要な費用を算出します。
  弊社で一括管理のため、管理コスト・費用の面でも削減が可能です。
  復旧作業を行うか否かの確認をさせていただきます。購入を強制するものではありません。
  ※復旧作業を行わない場合、調査費・交通費等実費を請求させていただきます。

 5.復旧作業/シーケンサ(PLC)ソフト設計(改造含む)
  打ち合わせの上、ご要望を明確化します。3.社内調査及びシミュレーションをさらに詳細に行います。
  状況の再現を行い、トラブル原因を判明させます。
  原因判明後、ソフト設計を行います。

  追加作業についても御相談ください。後日見積書を送付致します。

 6.ソフトのインストール/立会試運転調整作業・引き渡し

立会試運転調整作業・引き渡し

 作業後、お客様に当該箇所を説明しております。ご不明な点に関しましては技術者にお尋ねくだ さい。

 【緊急作業の対応について】
 ・シーケンサ(PLC)ソフトは、基本的にどこの製品でも御社に対応したオーダーメイドもしくはセミオーダー品です。
 そのため、シーケンサの内容を精査する必要が生じます。
 現地調査、既存の保管ソフト、現地ソフトを採取した上での照合し、総合考慮の上、見積書を発行致します。
 
 ・現在の状況下において、一部制御機器納期の確約が取れません。
  そのため、お客様自身からの御支給品を歓迎しております。
 ※ただし、不適応と当社が判断した場合、使用をお断りする場合もあります。
 
 ・作業時間帯(平日以外等)のご要望に関しては、お気軽に御相談ください。

 お問い合わせ先:プラントフィールドサービス株式会社
 メール pfs@ksj.biglobe.ne.jp